実際に、目で見えるようにシンプリントの痛みを治してみます

実際に、目で見えるようにシンプリントの痛みを治してみます。


わずかな真実にとらわれると、深刻な結果を生むのが事実なんだと・・・
最近 そんな事を思います。

 (つづき )ランニング障害を真面目に考える2017 (1)│秒

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スポーツの現場では、
単純に 「もっと、つま先の向きを前に向けろ!!」とか、「もっと、膝を前に向けろとか!! 」 ・・・とか、コーチの指導があります。


 故障のない体で、より効率の良いフォームを探す事は良い事です。


 しかし、 正しく動かないカラダで、正しいフォームは出ない そんな事も、頭の片隅みに置いてほしい・・・そう思うのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

陸上部:シンスプリント部の痛み
 
ランニング障害は、カラダ 全体の動きを見ていく必要があると、私は思うのです。

多くの困っているランナー、コーチ、監督、そして医療人に、広く その事を知ってほしいと思うのです。
 みんなが笑顔で走りつづけられるように。 
 

photo

結論から先に書くと、治療前の走りと、治療後の走りを比べてみます。

photo

photo

photo

それでは、検査を含む、来院から、帰るまでの50分間の治療の流れを解説してみます。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

来院時の片足 スクワット。
 
例えば、片足でスクワットをした時、こうなったとします。
 

photo

正常なスクワットが行えていません。
 
正常なスクワットは、太ももの骨と、膝から下の骨が一直線になるのが普通です。

photo

シューズを見ると、左足の外側に異常な摩耗がありました。
 
どんな走りをしているか?見てみます。
 
 

photo

photo


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 治療前の膝のアライメントのまま、 時速 10km/h で走ると、こう走りました。

photo

photo

膝のアライメントを治すと、走りはこうなりました。(10km/h)

photo

photo

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 遊脚期の左足を、治療前と後での比較してみます。

photo

photo

・治療前と比べて、膝は真っ直ぐ進行方向に出るようになりましたが、
その分、 足首は外を向くようになりました。体幹は、大きく右に傾斜したままでした。

 -----------------------------------

シンスプリントの原因は、過度な運動とか、ヒラメ筋や、後脛骨筋群の過緊張により、骨膜を引き離し、
下腿内側コンパートに疼痛を生じると・・・・そんな事が一般的に言われ、

 理学療法の治療としては、下腿 内即コンパート、及び後側コンパートの筋肉のい緊張をほぐす目的で
内スネの辺りの筋肉を緩める治療をしたり、ストレッチするような治療が行われるのが普通ですが。。  


 根底の理論となる、その痛みの原因を・・・誰が決めたのでしょうか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

僕なら、この動きを治しにかかります。一刻も早く、その痛みから解放し、二度と繰り返さない為に。 

photo

 筋肉の疲労で硬くなって骨膜を引き離すことよりも、
ダイナミック・モーションの中で、

photo

外側から着底し、足部は倒れ込み、後脛骨筋群を引き離しています。


 この動きは、走行の際に本来正しく動く 腰椎や、股関節、膝関節などの 運動ルートが正しく行われていない為に起きています。


  シンスプリント部の痛みの前に、ランニング時の体幹軸がブレているのは異常です。 

photo

photo

その歳に関係なく、 どんなに苦しい練習にも、 “辛い” と口にしない選手達に 頭が下がります。

 頑張ってる子供達は、この国の宝ですから・・・
 早期復帰させるだけでなく、タイムに仕返ししてやらないと・・・ 気が済みません。

 私は、面倒くさい事も、割に合わない仕事も嫌いですが、 負けるのは・・・もっと嫌いです。 

----------------------------------


 本来、人が走る時は、このベルトライン(赤線)は、ほぼ水平のまま移動するのが普通です。 


 
 
 ベルトラインの角度に異常があれば、脚のラインも正常ではいられません。

photo

前に出した足が、体の中心線を超えると、当然足部は こう動きます。

photo

足部は、倒れ込みました。

また、これを下手なインソールや、プロネーション防止シューズで内側アーチを持ち上げて 倒れ込みを防ごうとした場合 どうなるか??

 話が長くなるのでやめておきますが・・・


 インソールで補正するより、体を治す方が有効だと考えます。 

もしも、体の故障を容認したまま走るなら、ストライドを短くすることを勧めます。 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  

 そんな訳で・・・ 腰の水平ラインのバラつきの原因を治しに入ります。 


●治療前の腰の回転                 

photo

photo

 左回転に比べて、右の回転角度が減少しています。  

ランニングは、左右対称運動です。 回っていない腰の右回転を治すと・・・こうなりました。

photo

photo

photo

 止まっている時に できない動きは、  

動いている時にもできません。 


 ファン・ランナーの方々に、「どんな練習をすればいいですか?」 と聞かれた時は、

 「楽しく練習してください」 と答えます。

 競技ランナーの方から、「どんな練習をすればいいですか?」 と聞かれた時には、

 「速く前に進めるとを実践して下さい。」 そう答えます。

 シューズを選ぶことも、スマホをやらないで早く寝ることも、含めて全てです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

総合的に 来院時の走りと、 帰る時の走りを比べてみます。

総合的に 来院時の走りと、 帰る時の走りを比べてみます。

photo

photo

photo

さて、 重要なのは その後です。

 この治療をした後、三週間後に来院されました。

 シンスプリント部の痛みは、治療直後に消失し、順調にやりたい量だけ練習ができ、

 記録会があるので、その前にコンディショニングで診て欲しい・・・そんな来院でした。


   痛みが出ていた時と、痛みが無く走れてる時のフォームを比べてみます。

photo

photo

足関節が倒れ込む ↓ この動きは完全に消失しています。 

photo

レントゲンには写らなくても、 

良い結果には、良い原因があり、悪い結果には、悪い原因があります。

 
シンスプリントの原因は、後脛骨筋の硬さ、ストレッチ不足が原因と言われていますが、
筋肉の付着部(筋膜・腱など)に負担をかけるのは、その部分の硬さだけが原因ではありません。

photo

カラダ 全体の動きを見ていく必要があると、私は思うのです。
多くの困っているランナー、コーチ、監督、そして医療人に、広く その事を知ってほしいと思うのです。

 
みんなが笑顔で走りつづけられるように。 

photo

photo

ページTOPへ戻る△

photo

photo

photo

他院との違い

施術の流れ

料金案内

院長の本音ブログ

HOME他院との違い施術の流れ料金案内患者様の声+bodyの技術院長の本音ブログ店舗情報

copyright(c) 若葉治療院 All Rights Reserved.