富士・富士宮市 野球肩でお困りの方へ

野球肩とは?

photo


ボールを投げるときの肩の痛みが治らず、他院から転院してくるケースで


・肩の筋肉の使いすぎ

・肩の筋肉が固いから

そんな説明と治療を受けてきたケースが目立ちます。


野球を経験された方には解ると思いますが、

痛めることが多い三角筋後部や、棘上筋は、
実際の投球では腕を後ろに引き、
上げるまでしか使いません。

投球は、肩の筋肉をそれほど使うでしょうか??

photo


投球障害は少し特殊な障害なので、スポーツに詳しい機関に受診されると良いと思います。

「うちの子、投げ方が変なんですけど・・・」そんなご相談だけでも結構ですので、
お気軽にお電話ください。



●野球肩とは?

野球肩とは、野球だけでなく、ボールを投げる動作から投げ終わった後にでる肩の痛みや違和感のことを
言います。特に野球をしている人に多いためその名前の由来がありますが、他にバレーボール、テニス、ハンドボールなど肩に負担がかかるスポーツに起こりうる症状で痛い場所や原因によって病名は変わります。

野球だけでも、無理な姿勢から素早く投げる内野手と、カラダの回転力を使って投げる外野手では
痛みが出る場所も違えば、その原因も違いますから、一人ひとり治療の内容も違ってきます。

ですから、医療機関を来院する時は、全身の動きを見て、肩だけの治療に留まらず、
その原因を的確に探し出し、同じ痛みを繰り返さないように、

一人ひとりに向き合ってくれる医療機関を受診するのが復帰への一番の近道です。


野球肩の原因



●「肩の筋肉の使いすぎ」と勘違いされることが多いのも特徴

投球の動作は、全身を使う運動です。カラダの各部分が正常に動くいていない事に気づかないまま、
それでも腕に頼って投げていると肩は壊れます。

photo


 早期復帰を目指し、野球肩を治す為には、肩だけの治療に留まらず、
その痛みがなぜ起きているのか?それを解析することが重要になります。

危険な動きが出ている場合、「ノー・スロー」が鉄則です。

一度、投球を中止し、
危険な動きを排除する必要があります。

photo

●明確な根拠のない復帰は危険です。


 テーピングやアイシングに意味がないとは思いませんが、テープを施しても危険な動きが観察される場合、
一度、投球を中止してリハビリメニューに回すべきと考えています。

「レントゲンに異常がないうちはアイシングの処置で大丈夫」と思われがちですが、
レントゲンに異常があってからでは遅いのです。


私達の考え方

スポーツ障害の8割は、未然に防げると言われています。

痛みを引き出すメカニズムを見つけ出し、根本から組み直す事が、
一番短い時間で治せる効率の良い方法と考えております。

野球肩投球フォーム

解剖学の視点から、正常な角度を超えた動きがあれば、関節は壊れると考えます。

「まだレントゲンには異常がない」 = 異常がないのではなく、

動きの異常を正常に治すこと、目で見える治療結果に拘ります。


野球肩の症状

 上記のように野球肩には様々な病態があり難しい症状のように感じますが、
共通点もいくつかあります。


1 方周りの筋肉が硬く、肩の動きに制限がある
2 肩甲骨の高さに左右差がある
3 背骨の動きに制限がある
4 片足立ちが不安定 
投球動作は、肩周りだけで行うのではなく、
下半身から骨盤、背骨、上半身へと動きが波及していく
全身の動作です。

 症状を改善していく上で、肩・肩甲骨周りの機能改善はもちろんですが、
下半身や背骨の機能が悪くても結果的に肩周りへの負担が増してしまいます。

 プラスボディー若葉治療院では、野球肩の根本的な解決を目指し、
肩周りだけで判断せず、原因を全身から見つけ出し、
野球肩解消のお手伝いをさせていただきます。

「これまで電気治療や筋トレをやってきたが良くならなかった」
そんな方々が来院し、喜びの声をいただいています。
 
ぜひ一度足を運んでみてはいかがですか?
 

PLUS bodyの技術紹介

photo

photo

photo

photo

photo

photo

プラスボディー・若葉治療院は、平成8年創業以来、
プロスポーツ競技と共に発展してきました。  
厳しい結果が求められる競技の現場で培われた確かな技術を、
一般の人向けに改良を重ね、皆様に心地よい施術をお届けしています。
(※もちろん、プロスポーツ選手や、ハイ・アマチュア選手にも対応できます。ご相談ください)

また、厳しいスタッフ教育はもちろん、
真剣に患者様と向き合える次の世代の技術者を育てることも私達の仕事と考え、
 外部で各種セミナー・講演・研究活動を行っています。

photo

photo

顧客満足度の高さ ~リピート率と紹介率の高さ~

富士宮本院は看板がありません。
(※初めての人が来る時だけ看板を出します)
それでも、県内外を問わず、
遠方他県から多くご来院いただいております。

「いかに多くの人に、来ていただくか?を考えず、
いかに 笑顔で帰っていただくか?」 

看板を出さずにクチコミだけで20年。
究極まで顧客満足を高める本院のその精神は、
富士院、清水院にも受け継がれ、
高いリピート率と紹介率を維持しています。

私達は、地域で一番感謝され、応援され、信頼される治療院を目指します。

photo

スタッフの志の高さ ~「ここで学びたい」そんなスタッフだけで構成されています~

若葉治療院は、はじめは二階のテナントの一室を利用した小さな治療院でした。
しかし、大きな志がありました。やがて、「ここで学びたい」そんな人達が自然と集まるようになり、
一度もスタッフの募集を行ったことがないにも関わらず、ここまで成長してまいりました。

私達は仲間と共に学び続け、人として成長し、人に必要とされ、信頼され、応援され、感謝され…。
スタッフ一同全員が、本当の意味で幸せになることを望んでやみません。

就業時間が終わっても本院の明かりは消えません。

photo

photo

「自分たちだけのことに留まらず、業界全体の技術を発展させる」
それは開院当初から当院が目指し、実践してきたことでもあります。

今では鍼灸・マッサージ師だけに留まらず、
理学療法士、柔整師、トレーナーと幅広いジャンルの方が学びにきています。
また、学生・研修生も受け入れています。

photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo

私達の進化は止まりません。

ページTOPへ戻る △

photo

photo

photo

他院との違い

施術の流れ

料金案内

野球肩

HOME他院との違い施術の流れ料金案内患者様の声+bodyの技術院長の本音ブログ店舗情報

copyright(c) 若葉治療院 All Rights Reserved.