足底筋膜炎のテーピング

足の裏のテーピング(足底腱膜炎)

photo

医療的なエビデンス足底腱膜炎は単なる足の裏の筋肉の使いすぎとは思えない。

なぜならば、足底筋の収縮は足部の屈曲であり、走る、歩く際にはこの動きはしていない。


使用するテープ:非伸縮テープ 5cm幅
基礎テープを貼る。※第四中足骨(薬指)の上から巻き始める。

photo

強く引かず、のせるくらいの強さ


やや引き寄せながら貼る。

photo

足の裏を折り曲げるようなイメージで。


photo

矢印の方向に指を少し背屈させて止める(引かない)。

指を背屈させるのは、テープがきつく締まらない目的。

注意:強く引き過ぎると足の甲を痛めるので “ のせる ” くらいのイメージで巻く。


photo

矢印の方向に貼る。引っ張らない。 

“置いてくるイメージ”。
薬指と小指を少し底屈させて小指の外側まで貼る。

足の裏を折り曲げる、
足の裏に谷を作るイメージで。 

photo


photo

足の外側まで貼ったら指を背屈させ、
ゆびの動きに制限がない事を確認する。

 指の動きが制限されているときは途中まで緩めて巻きなおす。


photo

折り目を作って折り返す。折り返した部分は摘まんで  “フラッグ(旗)” を作る。

フラッグを作ることによってテープの方向を変える。

photo


かかとの骨の後ろ側を目指して矢印の方向に貼る。

小指の外側を少し引き寄せるイメージで。

足の裏を折り曲げて谷を作るイメージ。

photo


photo

小指外側→踵(かかと)の後ろを通って、再び小指の外側へ。 

かかとの後ろで折り返す。

踵の後ろで折り返した際にできたテープのたるみは、摘まんでフラッグを作る。


photo

フラッグを通過するとき、フラッグは甲のほうに折り曲げてから通過する。

小指側から親指側へ。足は経つと開くので強く巻きつけない。

立ったとき開き過ぎるのを防ぐ感じで止めるだけ。

指が背屈できるのを確認し、強さを調節しながら止める。

テープは親指の横(やや上方)でカットする。足の甲の方まで巻きつけない。


photo

足の裏・拇指球のやや下あたり(図a)から踵(かかと)の方へ。

前に踵につくったフラッグを収納するように、
足の表側(甲の方)・小指側でテープを止めてカットする。(図b)

photo


photo

足の甲側、小指側から、足の裏を通り、足の甲へ。

最後は甲側の拇指中足骨の上でカットして止める。


photo





近藤 祐司
若葉治療院 富士宮本院

PLUS bodyの技術紹介

1.技術力の高さ ~プロスポーツ競技の現場で培われた信頼の確かな技術~

プラスボディー・若葉治療院は、平成8年創業以来、プロスポーツ競技と共に発展してきました。

photo

photo

photo

photo

photo

photo

厳しい結果が求められる競技の現場で培われた確かな技術を、
一般の人向けに改良を重ね、皆様に心地よい施術をお届けしています。
(※もちろん、プロスポーツ選手や、ハイ・アマチュア選手にも対応できます。ご相談ください)

また、厳しいスタッフ教育はもちろん、
真剣に患者様と向き合える次の世代の技術者を育てることも私達の仕事と考え、
 外部で各種セミナー・講演・研究活動を行っています。

photo

コメントが入ります。コメントが入ります。コメントが入ります。コメントが入ります。

photo

コメントが入ります。コメントが入ります。コメントが入ります。コメントが入ります。

2.顧客満足度の高さ ~リピート率と紹介率の高さ~

富士宮本院は看板がありません。
(※初めての人が来る時だけ看板を出します)

それでも、皆様のクチコミに支えられ、今では県内外を問わず、
遠方他県から多くご来院いただいております。

「いかに多くの人に、来ていただくか?を考えず、
 いかに 笑顔で帰っていただくか?」

 究極まで顧客満足を高める本院のその精神は、富士院、清水院にも受け継がれ、
高いリピート率と紹介率を維持しています。

私達は、地域で一番感謝され、応援され、信頼される治療院を目指します。

photo

3.スタッフの志の高さ ~「ここで学びたい」そんなスタッフだけで構成されています~

若葉治療院は、はじめは二階のテナントの一室を利用した小さな治療院でした。
しかし、大きな志がありました。
やがて、「ここで学びたい」そんな人達が自然と集まるようになり、
一度もスタッフの募集を行ったことがないにも関わらず、ここまで成長してまいりました。
私達は仲間と共に学び続け、人として成長し、人に必要とされ、信頼され、応援され、感謝され…。

スタッフ一同全員が、本当の意味で幸せになることを望んでやみません。
就業時間が終わっても本院の明かりは消えません

photo

photo

「自分たちだけのことに留まらず、業界全体の技術を発展させる」
それは開院当初から当院が目指し、実践してきたことでもあります。

今では鍼灸・マッサージ師だけに留まらず、理学療法士、柔整師、トレーナーと幅広いジャンルの方が学びにきています。

また、学生・研修生も受け入れています。

photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo

ページTOPへ戻る △

photo

photo

photo

他院との違い

施術の流れ

料金案内

足底筋膜炎のテーピング

HOME他院との違い施術の流れ料金案内患者様の声+bodyの技術院長の本音ブログ店舗情報

copyright(c) 若葉治療院 All Rights Reserved.