プロネーション対策シューズの危険性(有痛性外形骨)

プロネーション対策シューズに危ないモノがあると警鐘は鳴らしておきます。有痛性外脛骨

福島県から勉強に来ていた接骨院の先生と、患者さんのお母さんの目の前で・・・
突出した舟状骨の突起を、治してみました。

photo

凹んだのを目の当たりにして、勉強にきていた先生は、とても驚いていました。
----------------------------------- 

では、
 
  子供の体の治療費に、車の修理代と同じくらい払う人がいたら・・・治せるのでしょうか?
 
 
 

“その場で治そうとする人が何人いるか?”
 
そこが問題なんだと思う。 先生と、そんな話しをしました。

主訴 :右、 有痛性外形骨の痛み。 左膝の痛み。競技はミニバス。
 
接骨院に通院していたが、一向に改善せず、検査を勧められ、
整形外科で受診。 右 膝はオスグッドの判定。 脛骨粗面に凸面はなし。

 
しかし、改善しない為、解析の治療の依頼をうけました。

photo

まず、とりかかったのは、有痛性外形骨炎の痛みがある右足。
 
歩行を見て、こちらの足の方が問題があると感じたからです。
 
片足立ち、リフト、スクワットのアライメント。 

photo

スポーツ整形で作製したインソールを着用して体幹の傾きを検査してみます。

photo

photo

立てるレベルにありません。
これで跳ねたり、走ったりすると危険です。







←治療前の素足歩行では、踵の外側から着底しています。





←製作された足底版を使った歩行では、踵の内側から着いています。
 
スポーツ疾患を扱う際には、道具をよく点検する事が必要ですが、
 
そこまで診る医療機関はわずかです。
 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   同業者と話す時、よく耳にする言葉があります。
 
  「健康保険だから仕方がない。」 「単価が安いから仕方がない。」
 
   何が   ・・・・  しかたがないのでしょうか?
 
   治らなくても仕方がないの意味でしょうか?
 
   前十字靭帯の一本くらい切れても仕方がないの意味でしょうか?
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

photo

治せるか?治せないか? それは コストの問題ではなく、技術の問題です。
 
やるか?やらないか?は 人間性の問題です。
 

photo

 仕事にコストはあっても、 生き方に、コストは関係ないと思うのです。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
舟状骨の低下は、足関節の問題ではなく、
体のバランスの崩れの一部でしかありません。

photo

単純に、ここを押し込んだり、持ち上げれば動くものではないのです。
 
-----------------------------------ー

一応、 誰かの役に立つ事もあるかも知れないから、
治し方を書いておきます。
 

photo

今回、距骨が前方に引き出されてました。その不整合に伴い、足関節の可動域は減少し、、
舟状骨、立法骨は固着し、正常な動きがありませんでした。
 
動きは出ていないものの、触った感じ、癒合ではなく、動的機能は現存していました。
 
腓骨下部のアライメント不良に伴い、腓骨頭付近に圧痛を伴う不整合がでていました。 
 腓骨の前方移動は、腸脛靭帯、外側側副靭帯、などに伴い、
 膝のアライメント不良を誘発します。 

photo

舟状骨だけが自然に低下しているわけではないので、そこの部分だけ支えても
 
舟状骨だけが持ち上がるはずもなく、
体が傾きました。
というよりも、
 
足底に斜めに角度をつけたので、
斜めの斜面に立っている状態になった。

 
                                  ・・・・ただそれだけです。
 
 
それは市販のインソールも同じです。  (参考記事 ■ 社外製インソールの危険性
 
 
田舎の治療院が、こんな事を言うのも
おこがましいですが、

シューズメーカーさん、よく聞いて下さいよ。

「アーチを持ち上げる、踵の倒れこみを防ぐ」
 そんな目的で内側アーチを高くした場合、

photo

足が宙に浮いている時、
アーチを持ち上げずに、靴の内側を下げてませんか?

photo

photo

プロネーション対策シューズに危ないモノがあると・・・警鐘は鳴らしておきます。      (関連記事 ■オーバープロネーション対策シューズの危険性

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
付け加えると、全てを否定するつもりはありません。
アシックス、ターサージャパンは秀逸です。踵骨のみの倒れこみを防いでいる事と、テールのカット、
舟底の絶妙なカーブで倒れこみが始まる加重を外側に逃がし、運動ルートを確立すからです。秀逸です。
前足と、後足を分割したミズノ ウェーブも、秀逸だと思います。 全てを否定するつもりはありません。

photo

最近、コレはすごい! と思ったバッシュ。 (∩_∩) adizero PG K

photo

ページTOPへ戻る△

photo

photo

photo

他院との違い

施術の流れ

料金案内

院長の本音ブログ

サイドメニュー

本音ブログ更新情報

お知らせ

2017.05.30
PLUS body若葉治療院のホームページがオープンしました。
2017.05.30
長年のお体についてのお悩みを一緒に解決していきませんか。
2017.05.30
ネットからのご予約はホームページから24時間受付中です。
2017.05.30
長年培った高い技術力で患者様のお悩みを解決しています。

本院ブログ

HOME他院との違い施術の流れ料金案内患者様の声PLUS bodyの技術院長の本音ブログ店舗情報

copyright(c) 若葉治療院 All Rights Reserved.