スタッフBLOG

2018.07.27晴風 (富士宮本院)

今日の技術練習では前回に引き続き、
テーピングを教わりました。

テーピングは体のカタチをある程度理解した上で、
症状や目的に沿って巻く必要があるため難しく感じますが、
練習と同時に体についても知れるのでとても勉強になります。

【ホームページ】https://ameblo.jp/wakabatiryoin

2018.07.25澤野 (清水院)

昨日はトレーナー活動でした。
夏休みに入り朝8時からの練習でした。
まだ朝だよね?と、思えるくらい気温も高く、
運動していいの?とも思いますが皆元気に頑張っていました。
日頃室内での仕事に慣れた物にはきついです...
先日、以前膝の痛みで悩んでいた中学生が久しぶりに来院してくれました。
治療後は痛みもなく楽しくサッカーが出来たと言ってくれました。
今回は、少し前から踵に違和感があると言うことで夏休みを
思いっきり頑張れるように痛みが強くなる前にはやめの治療にきてくれました。

治療後、お母さんに踵だけでなくこの辺りも少し...
と話をしていると
「最近走り方が、前に膝が痛くなり始めた時と同じ様な走り方になってきになって、どこか痛くないの?と、聞いたら踵が痛い...」と、教えてくれました。
お母さんが息子さんの痛みに気が付いてくれました。

子供は、練習を休みたくないので、痛みを我慢できなくなるまで頑張ってしまいます。周囲にこのような目で気が付いてあげることは本当に大事です。夏休み、暑い中頑張るお子さんを怪我なく楽しく打ち込めるようにこんなところも大事にしてあげて下さい。

【ホームページ】http://www.wakaba-shimizu.com/

2018.07.23晴風 (富士宮本院)

今週の練習では、先生に実際にテープを巻いていただきました。

「テープを巻く時の体制の指示」
「相手に不快感や、不安感を与ない巻き方」など、
テーピングをするうえで普段では見落としがちな『技術』について、
少しだけ気付かされました。

【ホームページ】https://ameblo.jp/wakabatiryoin

2018.07.12澤野 (清水院)

昨日はトレーナー活動でした。
いつもは夕方からの練習ですが、昨日は昼からの練習でした。
久しぶりの炎天下のグランド、暑かったです... 
院内での仕事が多い今の私には
これから夏休み中の練習の事を考えると... 憂鬱です...

それでも生徒たちの頑張っている姿を見ると...私も頑張ります。
怪我人は、戻ってはまた新たな怪我人との繰り返しですが、
写真の生徒も今は練習に復帰しています。
また今年に入り手術をした生徒達も部分的にですが
練習に合流でき楽しそうにサッカーをしています。
彼らの笑顔をみると... です。

夏は、チームを強くします。
秋の選手権のために今を頑張って欲しいです。

【ホームページ】http://www.wakaba-shimizu.com/

2018.07.08院長近藤 (富士宮本院)

医療にも流行があるようで、近ごろ、
他院からの転院してくる足首の捻挫で、固定をよく見るようになりました。 

捻挫にテープを巻く人たちに思うのですが、 あなたが、なぜその道を選んだか? 

photo

もしも初心を忘れているなら・・・・全ての作業を中止して、もう一度 思い出して下さいよ。

 -----------------------------------
 中体連のこの時期になると、他院からの転院が増えます。

  MRIや、レントゲンに異常がなく、一か月以上、近くの接骨院に通ったけど治らない、
 足首が曲がらない、曲げると関節面が痛む・・・

そんな捻挫後遺症で悩む子供達の来院が増えます。    


 ↓ 小規模捻挫の関節制限を4分で解除してみます。 

photo

↓興味のある人は リアルタイム動画(4分)でどうぞ。

photo

 「捻挫は圧迫・冷却・固定が鉄則なのに、動かすなんてとんでもない!」 
 そんな批判がバンバン来そうですが、意見をくれる時は   
 「私ならこうする」 そんな工夫を一個・・・含めていただきたい。  
 そうすれば、世の中が一個 良くなる。    

処置と治療の分別が明確にされること、私はそれを望みます。

 -----------------------------------------------------------------

 他院からの転院の時は必ず、そこでどんな治療を受けたか聞くのですが・・・   
子供でも 『とりあえず』 の治療は見抜きます。

『とりあえずの治療』を長く受けてきた子は  
 「どーせ、治らないんでしょ?」って態度でくる割に、時々・・・
すがるような目をします。

 ------------------------------------------------------------------

そんな時は、短い時間で変化をだして、希望を見せる必要があるんです。   
それも、待合い室の家族の見ている前でやって見せる必要がある。   

一人の子供が救えなかったら、その家族全てを救えなかったことになるし、  
救えなかったら、そのチームの友達も全部・・・救えない時がある。   

ですから、 『 本気 』を見せなきゃならんのです。

 ---------------------------------  

 現場で30年もやってると・・・現場の気持ちもよく解ります。   
業界で従事してる者全員が、その患者に恨みでもない限り・・・   

 みんな治したいと思ってるでしょ? どうかお願いですから、     
一度や二度の失敗で・・・・治すことを諦めないでくださいよ。 
-----------------------------------ー     
もう、商売なんてどーでもいいと開きなおった若葉さんは、   
気まえよく、商売のネタ書いちゃいますよ。     


●治すまでの4分間の思 考と治す手順●   

まず、立った瞬間に、右の足先が外を向いている、そんな所を見ています。

photo

 ・股関節から外を向いているのではなく、 
膝が正面に向いているのに、toue out で立っている、
 ・右の内側アーチ(けつ状骨付近)が落ちている 
 ・膝関節は正常より伸展し、腓骨頭の位置が正常よりやや後方にある・・・・

 そんな所を一瞬の間に感じています。
-----------------------------------------------------  

 一回目の屈曲検査で見てるのは、膝の捻じれ方と腓骨の動き方。

 「曲げると痛い」って言ってるんだから、いちいち足首とか見てないですよ。

 この時点で曲がらないって言ってるんだから。

photo

人が膝を曲げる時、膝は捻じれ動きます。

 自分の腓骨頭を触りながらしゃがんでみれば よく解ると思います。
この際、腓骨頭が後方にスライドするように動くのが正常な人の動きです。   

 骨の動きで言えば、足関節が屈曲する時に、脛骨と腓骨は開腓し、
距骨が中に入る必要があります。 その際、腓骨は上方に、腓骨頭は前方に、
腓骨の下方は後方にスライドし、開腓が起こり、 足首は曲がります。

  これらの生理的な骨の移動が行われず、
周囲の筋肉に過伸展されれば痛む、もしくは可動域制限は当然起こりえますし、
動かない関節の動きを他所の関節が補完すれば靭帯の伸展は起こりえます。 

 ですから、触診をしながら、腓骨をモビライゼーションしています。

photo

ポイントは
  ・患者さんの膝と足首の角度が生理的に腓骨が最も動きやすい角度をつくっていること。
  ・健側の坐骨に患者の体重を乗せていること。
 
 腓骨や、膝の捻じる動きは、人が歩くたびに大きく動いています。  
 動く角度とタイミングさえ合わせれば容易く動きます。 
 ------------------------------  

 膝関節の捻じれを治します。
膝も腓骨と同様、人が正常に歩くだけでもメカニズムによって、
大きく捻じれ、動く関節です。
角度とタイミングを合わせれば容易に動きますし、容易に壊す事もあります。

photo

 ・股関節から外を向いているのではなく、 
膝が正面に向いているのに、toue out で立っている、
 ・右の内側アーチ(けつ状骨付近)が落ちている 
 ・膝関節は正常より伸展し、腓骨頭の位置が正常よりやや後方にある・・・・

 そんな所を一瞬の間に感じています。
-----------------------------------------------------  

 一回目の屈曲検査で見てるのは、膝の捻じれ方と腓骨の動き方。

 「曲げると痛い」って言ってるんだから、いちいち足首とか見てないですよ。

 この時点で曲がらないって言ってるんだから。

photo

 ・股関節から外を向いているのではなく、 
膝が正面に向いているのに、toue out で立っている、
 ・右の内側アーチ(けつ状骨付近)が落ちている 
 ・膝関節は正常より伸展し、腓骨頭の位置が正常よりやや後方にある・・・・

 そんな所を一瞬の間に感じています。
-----------------------------------------------------  

 一回目の屈曲検査で見てるのは、膝の捻じれ方と腓骨の動き方。

 「曲げると痛い」って言ってるんだから、いちいち足首とか見てないですよ。

 この時点で曲がらないって言ってるんだから。

photo

 足関節捻挫というエマージェンシーにより緊急ロックをした
脊柱間のロックを解除する為です。  

 急にしゃがめるようになりました。 

photo

 以前、福島から勉強に来てくれた接骨院の先生が、

   「近藤先生の治療で、ボールが指に当たって動かなかった突き指を、最後 
  首に鍼一本うって指が治ってた治療があるじゃないですか?
  あれがどうしても解らない。」 

photo

〈参考記事〉 欲求を満たす為の知識と、生きる為に必要な知識の違い    

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  なぜ?背骨を診たら 足首が曲がったり、指が曲がったりするか?
ついでに解説しますよ。簡単に。 

  痛覚反射は脊髄反射でしょ? 
不意に熱いモノに触れたとき、手を引っ込めるのが脊髄反射なら、
その反射は腕を引き寄せる筋肉のみに作用する訳もなく、
表情の筋肉や、背中の筋肉を始め全身に作用する、
捻挫や、突き指などのエラーにより、痛覚信号が脊柱や脳に入ったときどうなるか?

  もし僕が神様で、人を作るなら、一部の動きを数パーセント制御したとしても、
脳と背骨に緊急ロックをかけて損傷を防ぐように作る。

特に胸椎の4~8、頸椎1~2はロックさせるだろう。
僕でも考えれるような機能なら、人の体には標準装備されていると思うのが
普通の思考。。 

だから背骨のロックを外すと動くんですね。。そんな感じ。

-----------------------------------  

座れる角度が深くなったら、痛みの場所が変わりました。 
アキレス腱付近が気になるようになりました。あともう少しです。

photo

指を一本づつ動かして、感触を確認します。
コンマ数秒で確認します。
なぜならば、痛みが発生する時の速度はコンマ数秒だからです。

photo

適当に座ってやってるように見えますが、患者の足首の角度、見てくださいよ。

微妙な角度の調節で、対象を絞り、
右手で動かした患者の指の腱の動きを左手で触知しています。

photo

痛みをさくっと捕まえて終了です。 

photo

足首を一切治療してないのが解りますか?? 

 ----------------------------------- 

 子供達は子供なりに一生懸命やってる。 

頑張ってる子供たちは、子供たちなりに、
口に出さなくても、親や周りの人に受けた恩を返そうと一生懸命やってる。
当然だろ?

  周りにそれだけやってもらって、恩を感じなかったら、
それはもはや人間とは呼べないだろう?

   そんな子供達と対峙するとき、 『 とりあえず 』 で仕事してたら、                               ・・・・それは、もはや人とは呼べないだろう?

    
私が言いたいのは、本気でやってるかどうか? そんな話です。


     ※ 全国に居るであろう、同じ志の人たちへ。
     初心を忘れてしまったら、何をどこまでやっても負けですよ。 頑張りましょう。 ^^ 

2018.07.06晴風 (富士宮本院)

今日の技術練習では前回に引き続き、
テーピングを教わりました。

テーピングは体のカタチをある程度理解した上で、
症状や目的に沿って巻く必要があるため難しく感じますが、
練習と同時に体についても知れるのでとても勉強になります。

【ホームページ】https://ameblo.jp/wakabatiryoin

2018.07.06院長近藤 (富士宮本院)

医療にも流行があるようで、近ごろ、
他院からの転院してくる足首の捻挫で、固定をよく見るようになりました。 

捻挫にテープを巻く人たちに思うのですが、 あなたが、なぜその道を選んだか? 

photo

どうしていいのか?解らない。 
治療に行き詰ってしまいました。 

『たくさんの患者さんを診るよりも、たくさんの結果を出したい』 

 そんな思いから、一枚の看板も掲げないまま20年が過ぎました。 
それでも、ありがたい事に、皆様の口コミに支えられ、終日 予約のとりにくい状態です。

  もっと、勉強もしたいし、もっと研究もしたいし、
臨床で得た自分だけが知っている事を、 新しい人たちに伝承もしたいし・・・

 もっと、もっと、一人ひとりの患者さんを突き詰めて治療がしたい。
 「もっとしたい」 が溢れたとき、 もう治療するのは辞めようと思いました。

  私にとって治療とは、世の中の役に立つものをお届けすることです。

  一人で診れる数は限界がありますから、 人に教え、治せる人を増やした方が・・・
 役に立てると思ったからです。

  そんな時、東京都から来院してくれた患者様から、
心のこもったお手紙と、お気遣いが届きました。

 治療への感謝の言葉と、スタッフ一同の、誠実な学ぶ姿へのお褒めのお手紙でした。 

photo

 お手紙を読み終えた夜、 思ったことは、

 「あー!もっと治したい!
もっと、もっと、もっと治せるようになりたい!
 もっと、もっと・・・!!」 

 心の底から思い、眠れない夜を過ごしました。
  
ビジネスとか、商売とか・・・ もう、いいわ。。 いろんな事 諦めた。
いろんな事諦めたときに、一本の道が現れる時って、あるんですね。  

 治す事だけやる。

2018.07.04澤野 (清水院)

昨日はトレーナー活動でした。
今年度から高等部の治療の合間で
中等部の生徒も見ることにしています。
中等部も今、中体連予選の最中で
特に3年生の怪我人が相談にやってきます。
最後の大会にかける思いは、いつの時代も同じで応援したくなります。

県大会を勝ち、東海大会で勝って2年連続で
全国の舞台に行って欲しいと思います。
微力ながらお手伝いします。

【ホームページ】http://www.wakaba-shimizu.com/

2018.06.29晴風 (富士宮本院)

今日の午前の技術練習ではこれまでで教わったことを一度書き出し、
次に私が学ぶべきことを簡単に話し合いました。
実際に書き出してみると高校三年の夏からの約一年間で
思っていたよりも多くのことを教えて頂いていたことを実感します。
今まで学んできたことも活かしつつ、
一歩ずつ新しいステップに進んでいきたいです。

【ホームページ】https://ameblo.jp/wakabatiryoin

ページTOPへ戻る△

photo

photo

photo

他院との違い

施術の流れ

料金案内

スタッフBLOG

HOME他院との違い施術の流れ料金案内患者様の声+bodyの技術院長の本音ブログ店舗情報

copyright(c) 若葉治療院 All Rights Reserved.